比較する

住宅のリフォームや補強を行う

日本も新築住宅を建設する時代から既存の住宅をリフォームして再生する時代を迎えています。
考え方が欧米に近くなってきたのは住宅を建設する技術の進歩と使う材質の向上です。
平成56年以前に建設された住宅については地震に対する耐震性が古い建築基準法に従っていますので、東日本大震災級の地震に襲われると倒壊する心配があります。
耐震補強工事を施さなければたとえリフォーム工事をしても地震に対する抵抗力はつきません。
現在の日本では100年の耐久性を持つ住宅を建設することが可能となって来ています。
この大きな原因は設備工事に対する技術の進歩です。
従来は構造物に埋め込まなければならなかった設備配管がユニット化され簡単に取り替えられるようになったからです。

リフォーム技術の究極は新築並の品質を作り出すこと

住宅に関連する技術は住人のニーズの高まりによって進歩が格段に早くなっています。
リフォーム工事がテレビに取り上げられる機会が増加した結果、リフォームで新築並の結果が出ることが認識されています。
住宅を新築するためには既存住宅を解体したうえでその場所に新築するので費用も工期も掛かってしまいます。
建築中の引越しに関連する費用も期間が長くなるとそれだけ掛かります。
リフォーム工事は解体の時間が短縮されると同時に基礎部分の工事は省略できるので工期を大幅に短くすることが出来るので引っ越し等の余分な費用が少なくて済みます。
リフォーム専業業者はユニット化や乾式工法の採用等リフォーム工事に適用する技術で他の業者と差別化してリフォーム市場での競合に勝ち抜こうとしています。