家を守る事

私達の生活を支える「住宅」。
住宅の機能が人生を大きく左右すると言っても過言ではありません。
住宅は雨や天候の変化から、私達を守ってくれる役割を担っています。
そんな天候の変化よりも大きなものが、災害です。
災害には地震、台風、雷といった物があり、住宅にはそれらに耐える強度が求められます。
特に、近年は地震、または地震による土砂崩れなどが多く、住宅の耐震性能に注目が集まっています。
住宅の耐震強度に関する法律も細かく変更されている為、住宅は常に地震の脅威にさらされていると言えます。
地震の脅威から住宅や命を守るためにも、「耐震補強」は有効です。
耐震補強を行う事によって、古い耐震強度で作られた住宅も、現代の強度に合わせて補強することが可能になっています。

耐震補強を行うには、現在住んでいる住宅がどれくらいの耐震強度を持っているかを把握する必要があります。
この結果により、補強する場所も変わってきます。
耐震補強を行える場所は、大きく分けて、屋根、壁、基礎があります。耐震補強方法としてはシェルターの設置などが挙げられます。
これらの施工を施すことにより、災害で万が一の事態が起きても住宅の倒壊を防ぐことができ、自分自身の命も守る事が出来ます。
耐震調査や耐震補強は、専門の業者に依頼することができ、予備調査や一次調査、二次調査、精密調査といった様々なレベルでの調査を行うことが出来ます。
耐震調査は、予備調査で住宅の基本的な情報を調べ、構造や築年数、材質と言った物から評価をくだします。
一次調査、二次調査、三次調査と診断のランクが上がるにつれて、より詳細な耐震性能や耐力の計算が行われ、耐震補強の際に役に立つ情報が増えていきます。

  • 耐震補強を行うには、事前に調査を行う必要があります。家屋がどの程度の耐震レベルを持っているかを、専門の業者に依頼して調べる事ができます。壁や屋根、接合部、基礎といった様々な場所を調査して調べることが出来ます。

  • 耐震補強を行う上で重要になるのは工事費です。壁、屋根、基礎、接合部と言った場所や工事方法によっても値段が変わります。価格は基本的に、工事する面積で大きく変わってくるので事前に見積もりをする事が大切です。

  • 耐震補強を行う際には、屋根を軽量化させる方法があります。屋根が重い状態になってしまうと、地震が発生した時に掛かる住宅への負担が大きくなるので、これらの状況に備えて改善を図りましょう。

オススメリンク